保険と資産運用の関わり

保険で賢く運用する

トップ >> 保険と資産運用の関わり

運用を考え始めたら知っておく

資産運用においては会社により異なりますが、契約の性格を十分に把握し、有価証券等の資産と保険契約という負債を総合的に管理する資産・負債総合管理が重要です。有価証券等の資産と保険契約という負債を時価評価し、その差額である剰余が将来の金利変動によっていかなる影響を受けるのかを定量的に評価・分析し、その適切なコントロールを通じて、安定的な収益を確保することを運用の基本方針としているところが多いでしょう。外国為替、ドル建てで運用する商品もあります。世界の情勢や金融経済などが直接影響しますが、状況により元金より利率などで得することもあります。

運用は、自らの判断が必要

生命保険商品は、生命保険の売り手である会社と買い手である一般の方の間に、商品知識の差が大きくあるのが実状ではないでしょうか。営業マンの勧めるがままに加入し、保障内容や将来的な付加価値についてあまり理解していない方も多いといいます。最近、資産形成や資産運用型がありますが、全て自己責任なところがあります。現在の見直しの高まりは、この自己責任で資産を維持管理するといったこれまで日本社会にあまり育ってこなかったことが芽生えてきているのかもしれません。失敗しないためにも、インターネットや専門家から事前に多くの商品情報や基礎知識を仕入れる努力が必要です。

保険で資産運用をする情報

Copyright 保険で資産を運用する方法 All rights reserved.