保険についての知識と活用

万が一以外の保険は?

トップ >> 保険についての知識と活用

万が一以外の保険に何を求めるか

生命保険を金融投資商品などというと違和感を感じる方もいるでしょう。しかし、元本が保障されない投資商品や対象にお金を投入し、投資額以上のリターンを得ようとするものです。実際に、加入いていて得するときは障害や死亡事故、病気といった契約に該当する時といえるでしょう。生命保険という相互扶助の輪に参加し、お金を毎月支払うことで万一の時に、そのリターンでリスクを回避するものです。日本は、米国に次ぎ加入者の多い国です。しかし、その契約内容、商品内容については充分に理解されているとは言えないでしょう。基本的性格やその知識を正しく理解することは、適切な加入に際し前提となります。

原則となる収支相当の原理

生命保険とは、どのような原則を基本として成り立っているのでしょうか?商品を理解するための基礎知識が必要です。基本的に、生命保険は、収支相当の原則を原理原則として成り立っています。収支相当の原則は、契約者全体の支払う毎月々の金額の総額と会社が支払う金額の総額は、等しくなるという原則です。この原則は、基本理念である相互扶助のもと、契約者、会社双方ともに一方的利益を得てはならないという法則です。課税対象者や税金の種類にも関連するので、生命保険加入時や見直しの際には、正しく認識していることが重要といえるでしょう。

保険で資産運用をする情報

Copyright 保険で資産を運用する方法 All rights reserved.