保険で資産を運用する方法

養老保険について

養老保険の役割について

養老保険とは、一定の保障期間を定めたもので、満期時に死亡保障金と同額の満期金が支払われるもののことを言います。満期時に必ず支払う必要性があることから、保障に関する部分のほか、満期支払のための積立、貯蓄部分が含まれる。終身タイプや定期のものと比較した場合、月々の掛金は最も割高となる。日本人の平均寿命が50~60歳台であった時代には、老後の資金を積み立てられ、万一の保障も得られる養老タイプが民間会社の主力商品であったが、大型保障は定期付終身タイプ、資産運用は変額の年金などへシフトしていく。「学資保険」は契約者の子が進学する年齢を満期とし、契約者の子あるいは契約者(特約による)が満期前に死亡した場合は支払われるもので、構造上は同じである。

保障と満期の楽しみを兼ね備える

万一の保障もしっかりとしておきたいが、満期の時の楽しみも欲しいという方には、養老保険はオススメでしょう。平均寿命が50歳~60歳の頃に多くの加入者がいたものです。現在でも加入者は多く、時代とともに内容も多様化し、それぞれのライフプランに対応可能なものが登場しています。基本的には、死亡の際の保障と満期を迎えた時の支払い金額が同額のものですが、保険料を安くし満期の時の金額も低くなるが、死亡保障は2倍のもの、また5倍のもの、10倍のものがあります。また、細かい設定が可能で、糖尿病や高血圧などの慢性疾患にも対応可能な商品もあります。

新着情報

2016-10-19 保険の相談窓口を利用が更新されました。
2013-01-10 保険で賢く運用するが追加されました。
2013-01-10 万が一以外の保険は?が追加されました。
2013-01-10 変額保険について知るが追加されました。
2013-01-10 トップページが追加されました。

保険で資産運用をする情報

Copyright 保険で資産を運用する方法 All rights reserved.